リオネット補聴器埼玉県内に18店舗展開中の認定補聴器専門店グループ
文字サイズの変更
配色の変更

彩の国リオネットセンターグループ

ご相談・ご予約・資料請求

認定補聴器技能者 柴田 治

認定補聴器技能者(平成25年取得)の他のメニュー
認定補聴器技能者とは、一定の補聴器の販売や調整などに携わる人に対し、(財)テクノエイド協会が、厳しい条件のもと、基準以上の知識や技能を持つことを認定して付与する資格です。 認定補聴器技能者にインタビューを行いましたので、補聴器や聞こえに対する想いをご覧ください。

認定補聴器技能者 柴田 治(平成25年資格取得)

Q1:認定補聴器技能者を目指すきっかけとなった出来事や、そのときの思いを教えてください。
中途入社なので、補聴器のことは全くわからないままこの業界に飛び込みました。入社のきっかけが前職の社長の紹介ということもあり、早く仕事を覚えて一人前と認めてもらえる様にがんばって勉強しましたが、知れば知るほど新たな疑問が生まれ、今でも日々勉強は続いています。
Q2:資格を取る前と今で、接客の仕方や仕事の品質、ご自身の意識はどう変わりましたか?
今も日々勉強が続いているので、大きく変わったという事はありません。資格取得の勉強で知識が増えたので、お客様のご質問にはより的確に答えられる様になったと思います。
Q3:業務に対する哲学、モットー、接客の心がけなどがありましたら詳しく教えてください。
座右の銘や故事成語など、どんなことでも構いません。
自分のフィティングに自信を持ちながらも、決して高飛車にならず謙虚な対応を心がけています。特に補聴器の調整は経験年数が長くなるとどうしても傲りが生まれがちなので、本当にこれで良いのか自問自答して慎重に、初心を忘れずにお客様の声を良く聞く様にしてフィティングを行っています。
また、昨日までの常識が時代遅れの知識にならない様に勉強を怠らず、新しい知識が吸収出来る様に努力しています。あと当たり前なことですが、接客業なので常に笑顔での対応を心がけています。
店舗外観
店舗内観
Q4:資格取得までの期間で何が一番思い出に残りましたか?
無我夢中の5年間だったので思い出は無いのですが、翌年だと思っていた試験が試験直前に1年早いことがわかってからの猛勉強ですかね(笑)弊社では過去に試験で不合格者がいないので、不名誉な記録を作らない様に必死でした。
Q5:今までに印象に残ったお客様のエピソードについて教えてください。
すべてのお客様ですと言いたいところですが、中学生になった心菜ちゃんですね。今は都内に引っ越してしまったので直接会う機会は無くなってしまったのですが、毎年写真入りの年賀状を送っていただきまるで我が子の成長の様に楽しみにしています。初めて会った時は泣き虫の女の子だったのに、今ではすっかりお姉さんです。
Q6:あなたにとって、認定補聴器技能者とは?
私が入社した頃は最終目標の様な資格と思っていましたが、今は資格を持っていて当たり前、ようやく一人前の仕事が出来る様になったと思っています。これからどんどん後輩のスタッフが資格取得して来ると思いますので、先輩として知識力、技術力、対応力、すべてにおいて後輩に負けない様に日々勉強を続けて行きたいと思います。
Q7:補聴器に携わるお仕事をされていて、よかったと思われるのはどんな時ですか?
また、資格取得をめざす後輩へのメッセージをお願いします。
やはりお客様に「ありがとう」と言っていただけることが、一番励みになります。補聴器を販売させていただく仕事なので、本来はご購入いただき私がありがとうございますと感謝させていただく立場なのですが、補聴器をご使用いただくことにより多くのお客様に感謝のお言葉を頂戴します。中々経験出来ないことなので、出来ることなら一生の仕事としてこれからも続けて行きたいと思います。
また、これから資格取得を目指す皆さんは油断しないでしっかりと勉強してください。資格取得のための勉強は一夜漬けでも出来ますが、補聴器の勉強は終わりがありません。是非多くのことを学べる様にがんばってください!