リオネット補聴器埼玉県内に18店舗展開中の認定補聴器専門店グループ
文字サイズの変更
配色の変更

彩の国リオネットセンターグループ

ご相談・ご予約・資料請求

認定補聴器技能者 市野 貴康

認定補聴器技能者(平成28年取得)の他のメニュー
認定補聴器技能者とは、一定の補聴器の販売や調整などに携わる人に対し、(財)テクノエイド協会が、厳しい条件のもと、基準以上の知識や技能を持つことを認定して付与する資格です。 認定補聴器技能者にインタビューを行いましたので、補聴器や聞こえに対する想いをご覧ください。

認定補聴器技能者 市野 貴康(平成28年資格取得)

Q1:認定補聴器技能者を目指すきっかけとなった出来事や、そのときの思いを教えてください。
兄が福祉の仕事についており、話を聞くたび直に人の役に立ち喜んでいただける様な仕事につきたいと思うようになりました。その中でも特殊な仕事だなと感じ、興味のあった補聴器の仕事を選びました。
Q2:資格を取る前と今で、接客の仕方や仕事の品質、ご自身の意識はどう変わりましたか?
資格を取る過程で補聴器はもちろん、補聴器以外の知識も増えました。
以前よりも自信をもってお客様への対応が出来るようになったと感じております。
Q3:業務に対する哲学、モットー、接客の心がけなどがありましたら詳しく教えてください。
座右の銘や故事成語など、どんなことでも構いません。
親切・丁寧です。お客様の不安やお困り事を少しでもなくし気持ちよくご使用いただける様、心掛けております。その為に補聴器や聞こえだけでなく、生活環境や色々なお話を伺いフィッティングに役立てております。
接客風景
測定風景
Q4:資格取得までの期間で何が一番思い出に残りましたか?
普段の業務では触れることが少ない、補聴器以外の知識を勉強したことです。
Q5:今までに印象に残ったお客様のエピソードについて教えてください。
ご高齢の女性でした。お店へはご家族様と共に来店され、会話もなく無表情な方でお話をすると聞こえない為か、困った表情をされておりました。
店頭にて試聴を行うと一瞬で表情が変わり、笑顔で良く聞こえるとお話をして下さったことが一番印象に残っております。
Q6:あなたにとって、認定補聴器技能者とは?
補聴器販売員には必要不可欠な資格だと考えます。
 
Q7:補聴器に携わるお仕事をされていて、よかったと思われるのはどんな時ですか?
お客様に喜んでいただけた時にはこの仕事に携わり良かったと感じます。
販売業ではめずらしいと思いますが、補聴器は販売後からお客様との長い付き合いが始まります。特に私宛にご来店して下さるお客様には感謝しております。