リオネット補聴器埼玉県内に18店舗展開中の認定補聴器専門店グループ
文字サイズの変更
配色の変更

彩の国リオネットセンターグループ

ご相談・ご予約・資料請求

認定補聴器技能者 田中 一如

認定補聴器技能者(平成28年取得)の他のメニュー
認定補聴器技能者とは、一定の補聴器の販売や調整などに携わる人に対し、(財)テクノエイド協会が、厳しい条件のもと、基準以上の知識や技能を持つことを認定して付与する資格です。 認定補聴器技能者にインタビューを行いましたので、補聴器や聞こえに対する想いをご覧ください。

認定補聴器技能者 田中 一如(平成28年資格取得)

Q1:補聴器販売業に就いたきっかけや、その時の思いを教えてください。
元々小さな頃から音響機器をいじるのが好きでした。音響関係の仕事に就こうと幾つかの音響メーカーを受けたのですが、その中でダイレクトに「人の役に立つ」ところに惹かれて、この業界に入りました。
Q2:資格を取る前と今で、接客の仕方や仕事の品質、ご自身の意識はどう変わりましたか?
講座と勉強で、知識とこれまでの経験が次から次へと有機的に結びついていったのを感じました。
得た知識は即現場で活かしてフィードバックしていくようになりました。
Q3:業務に対する哲学、モットー、接客の心がけなどがありましたら詳しく教えてください。
座右の銘や故事成語など、どんなことでも構いません。
最終的にその方がフィッティングされた補聴器を使って、前向きになれたり、孤独を感じていた方が御家族との会話に入っていけたり、元々の積極的な性格を取り戻したりするお手伝いができるようにと、考えています。目の前のお客様が幸せになれる道を一緒に模索していけたら、と考えています。
補聴器調整風景
接客風景
Q4:資格取得までの期間で何が一番思い出に残りましたか?
通常業務も忙しい中で、分からない事を先輩が丁寧に教えてくださった事や、一緒に受ける仲間と休みの日も図書館で勉強したことなどが思い出に残っています。
最後の試験まで不安はつきまといましたが、同僚や先輩の励ましでなんとか乗り越えられました。合格通知が届いた日は飛び上がって喜び、各方面にお礼と報告をしました。その際喜んでくれた上司の声や同僚からのおめでとうメールが忘れられません。
Q5:今までに印象に残ったお客様のエピソードについて教えてください。
奥様が電話してくださいました。主人は旅立ちました、と。その最期の最期まで私のフィッティングした補聴器を使ってくださったそうです。ご主人様のご冥福をお祈りするとともに、その方の人生のエンドロールに私の名前があることに驚き、又、なんと重要な仕事か!と痛感したのを覚えています。
Q6:あなたにとって、認定補聴器技能者とは?
節目です。これまでお会いした全てのお客様に育てて頂いたと感謝しております。未熟な調整で不快な思いをさせてしまった事も正直あると思います。
知識もアップデートしていかないと、すぐに置いて行かれますので、毎日の勉強が必要と感じています。
今回の試験合格をお客様からもお祝い頂けたのですが、その際に「世の中は初めての事について調べる時に目印が無いと分からない。補聴器なら、その目印が認定技能者なんだよ」と言われました。
この言葉が端的に技能者を表していると感じます。
Q7:補聴器に携わるお仕事をされていて、よかったと思われるのはどんな時ですか?
基本的な事ですが、調整が大好きな事もあり、きこえで困っていた方が調整ですっと笑顔になられた時は本当に嬉しいです。