リオネット補聴器埼玉県内に18店舗展開中の認定補聴器専門店グループ
文字サイズの変更
配色の変更

彩の国リオネットセンターグループ

ご相談・ご予約・資料請求

認定補聴器技能者 吉村 絵里

認定補聴器技能者(平成27年取得)の他のメニュー
認定補聴器技能者とは、一定の補聴器の販売や調整などに携わる人に対し、(財)テクノエイド協会が、厳しい条件のもと、基準以上の知識や技能を持つことを認定して付与する資格です。 認定補聴器技能者にインタビューを行いましたので、補聴器や聞こえに対する想いをご覧ください。

認定補聴器技能者 吉村 絵里(平成27年資格取得)

Q1:認定補聴器技能者を目指すきっかけとなった出来事や、そのときの思いを教えてください。
補聴器の仕事に就いた時から、先輩は皆、認定補聴器技能者か認定補聴器技能者を目指していたので、私もいつか取得したいと考えていました。
Q2:資格を取る前と今で、接客の仕方や仕事の品質、ご自身の意識はどう変わりましたか?
資格を取得できたことで、自信をもってお客様へ補聴器のお話をできるようになりました。お客様、耳鼻科の先生に信頼して頂けるよう日々心がけていきたいと思います。
Q3:業務に対する哲学、モットー、接客の心がけなどがありましたら詳しく教えてください。
座右の銘や故事成語など、どんなことでも構いません。
笑顔でお客様をお迎えし、ゆっくりはっきりお話するようにしています。
お客様のお話をよく伺い、何に困っているのか、どうしたら改善できるのか一緒に考えていきます。
店舗内観
店舗外観
Q4:資格取得までの期間で何が一番思い出に残りましたか?
やはり、最後の試験が一番印象に残っています。久しぶりに勉強しました。試験がとても難しかったので、試験後は落ちたと思いました。合格できて本当に嬉しかったです。
Q5:今までに印象に残ったお客様のエピソードについて教えてください。
30代女性の語音明瞭度を測定した際、中学生の頃は普通に聞こえて、英語の聞き取りも得意だったのに今は聞こえないと涙されたお客様がいらっしゃいました。聞こえないことのつらさを感じました。忘れてはいけない大事なできごとです。
Q6:あなたにとって、認定補聴器技能者とは?
補聴器を適正に販売していくための大事な資格だと思います。お客様と耳鼻科の先生の信頼をなくさないよう日々精進していきたいです。
Q7:補聴器に携わるお仕事をされていて、よかったと思われるのはどんな時ですか?
また、資格取得をめざす後輩へのメッセージをお願いします。
少しでもお客様の生活のお役に立てることです。補聴器を装用していて、会話が楽になったなど装用してよかったなと思っていただけることはやはり嬉しいです。
認定補聴器技能者の資格は取得するまでにも経験が必要なので、日々の接客、経験を大事にしてほしいと思います。