リオネット補聴器埼玉県内に18店舗展開中の認定補聴器専門店グループ
文字サイズの変更
配色の変更

彩の国リオネットセンターグループ

ご相談・ご予約・資料請求

認定補聴器技能者 武政 徹

認定補聴器技能者(平成27年取得)の他のメニュー
認定補聴器技能者とは、一定の補聴器の販売や調整などに携わる人に対し、(財)テクノエイド協会が、厳しい条件のもと、基準以上の知識や技能を持つことを認定して付与する資格です。 認定補聴器技能者にインタビューを行いましたので、補聴器や聞こえに対する想いをご覧ください。

認定補聴器技能者 武政 徹(平成27年資格取得)

Q1:認定補聴器技能者を目指すきっかけとなった出来事や、そのときの思いを教えてください。
元々フリーターをしていたのですが、求人広告で現在の会社の求人を見て応募したのが始まりです。
私の一番下の妹は先天性の難聴でろう学校に通っていたため補聴器に触れる事も多く、そういった下地が有ったことがこの職を見つけ、応募してみようと思ったきっかけになったと思っております。
Q2:資格を取る前と今で、接客の仕方や仕事の品質、ご自身の意識はどう変わりましたか?
接客については大きく変わったという実感はないのですが、よりしっかり分かりやすい説明を心がけるようにしています。
フィッティングは勉強すればするほど迷いが多くなるばかりですが、引き出しは確実に増えているので対応する力は上がっていると感じています。
意識的な部分としては、やはりお客様に対しての責任感が変わりました。
一人一人のお客様と真摯に向かい合うよう心がけていましたが、取得前以上にその姿勢を重視するようになりました。
Q3:業務に対する哲学、モットー、接客の心がけなどがありましたら詳しく教えてください。
座右の銘や故事成語など、どんなことでも構いません。

前述したとおりなのですが、お客様と真摯に向き合うことが大切だと思っています。その方のQOLの向上が一番の目標ですので、お客様に向かい合うことなくその目標が達成できるとは思えません。

接客風景
店舗外観
Q4:資格取得までの期間で何が一番思い出に残りましたか?
思い出というか、ひたすら勉強で四苦八苦していた記憶しか有りません(笑)
基本的に夏休みの宿題を最終日に必死になってやるタイプなので、継続した勉強が苦手だったんです。
少しずつ間違いをつぶすようにしてたんですが、試験に挑む時は自信が無くて泣きそうでした(笑)
Q5:今までに印象に残ったお客様のエピソードについて教えてください。
他店で娘様が購入してくれた補聴器を持ってきたお客様がいらっしゃいまして、耳型採取までは行ったらしいのですが、娘様がプレゼントするために一人で引き取りに言ったので説明を聞くことが出来ず、使ってないと言うことも出来ないので別の使える補聴器を内緒で買って使ってるよ、と言いたいということだったのですが、所有補聴器に問題は全くなかったので調整と取り扱いの説明をさせて頂き使えるようになったところ、「おかげで娘に嘘をつかなくて済む、ありがとう」ととても感謝して頂いたのが印象に残っています。
Q6:あなたにとって、認定補聴器技能者とは?
ゴールではなくスタートかと。
補聴器と同じで、手に入れたら終わりではなくそこからどうしていくかが大切なものだと考えています。
Q7:補聴器に携わるお仕事をされていて、よかったと思われるのはどんな時ですか?
また、資格取得をめざす後輩へのメッセージをお願いします。
前述のエピソードもそうですが、人の役に立っているというのが直に分かる素晴らしい仕事だと思っています。
物を売ったりして感謝される仕事は他にはあまりないですから、それだけやりがいのある仕事かと。
現在資格取得のために勉強している皆さん、勉強が苦手な自分でもコツコツやることで合格できました(笑)
大変だとは思いますが、後悔の無いよう、しっかりと学んでください。