リオネット補聴器埼玉県内に18店舗展開中の認定補聴器専門店グループ
文字サイズの変更
配色の変更

彩の国リオネットセンターグループ

ご相談・ご予約・資料請求

認定補聴器技能者 新井 丈顕

認定補聴器技能者(平成27年取得)の他のメニュー
認定補聴器技能者とは、一定の補聴器の販売や調整などに携わる人に対し、(財)テクノエイド協会が、厳しい条件のもと、基準以上の知識や技能を持つことを認定して付与する資格です。 認定補聴器技能者にインタビューを行いましたので、補聴器や聞こえに対する想いをご覧ください。

認定補聴器技能者 新井 丈顕(平成27年資格取得)

Q1:認定補聴器技能者を目指すきっかけとなった出来事や、そのときの思いを教えてください。
恥ずかしいながら補聴器というものを何一つ知らずにこの業界に入りました。通常の『商品を売る』という感覚では携われないと、身が引き締まる思いを感じました。
Q2:資格を取る前と今で、接客の仕方や仕事の品質、ご自身の意識はどう変わりましたか?
接客の仕方は大きく変わる事はありませんが、補聴器のフィッティングにおいて、今まで以上に深く掘り下げた知識と経験をより良い聞こえの提供に繋げなければ、という意識が強まりました。
Q3:業務に対する哲学、モットー、接客の心がけなどがありましたら詳しく教えてください。
座右の銘や故事成語など、どんなことでも構いません。
『虚心坦懐』です。お会いするお客様や、取り組む仕事すべてにおいて先入観を持たずに、フラットな心境で受け入れ、自分に何が出来るか?と心掛けております。
接客風景
店舗外観
Q4:資格取得までの期間で何が一番思い出に残りましたか?
資格取得までに何度も講習会を受講させていただきましたが、関連法規など日々の業務の目に見えない部分で支えとなる、理解せねばならない内容がたくさんあり、とても苦労しました。
そういう中、他社メーカーの方々となど、業界内の仲間と語る機会があり、思いを共有できたのは貴重な思い出です。
Q5:今までに印象に残ったお客様のエピソードについて教えてください。
男性の年配の方で初めて補聴器を装用されることになられて、失礼ながら少々覇気の無いお方だったのですが、お会いするたびに服装や髪型がどんどんお洒落になられていき、それまで外出もめったにしないと聞いていたのが、『最近旅行に行くのが楽しくなって』と笑顔で報告いただいた時は、改めて補聴器とはその方の生き方・考え方まで変えるのだ、と、とても嬉しく思いました。
Q6:あなたにとって、認定補聴器技能者とは?
この仕事に携わる上での『スタートライン』と考えます。お客様とそのご家族~しいてはその周りの方~世の中に補聴器を適正に普及をさせていく為に更に研鑽をしなければならない立場となったと思います。
Q7:補聴器に携わるお仕事をされていて、よかったと思われるのはどんな時ですか?
また、資格取得をめざす後輩へのメッセージをお願いします。
お客様が求めている聴こえはお一人お一人異なります。それだけにお客様の想いを汲み取るためにも、こちらの経験だけでないスキルが求められてきます。
大げさではなく聴こえを届けることはお客様の生活・人生を左右するのでそういった中に『ありがとう』と言っていただけた時はとても嬉しくなります。