リオネット補聴器埼玉県内に18店舗展開中の認定補聴器専門店グループ
文字サイズの変更
配色の変更

彩の国リオネットセンターグループ

ご相談・ご予約・資料請求

認定補聴器技能者 坂井 広明

認定補聴器技能者(平成26年取得)の他のメニュー
認定補聴器技能者とは、一定の補聴器の販売や調整などに携わる人に対し、(財)テクノエイド協会が、厳しい条件のもと、基準以上の知識や技能を持つことを認定して付与する資格です。 認定補聴器技能者にインタビューを行いましたので、補聴器や聞こえに対する想いをご覧ください。

認定補聴器技能者 坂井 広明(平成26年資格取得)

Q1:認定補聴器技能者を目指すきっかけとなった出来事や、そのときの思いを教えてください。
中途で入社した当時は、補聴器についての知識がない状態でした。
社内の先輩方に、一つずつ丁寧に教えていただきながら勉強しましたが、補聴器フィッティングは奥が深く、お客様に満足していただけるきこえを提供する難しさを痛感しました。
そこで、補聴器フィッティングをよりしっかりと学びたいと思い、補聴器技能者をめざすことにしました。
Q2:資格を取る前と今で、接客の仕方や仕事の品質、ご自身の意識はどう変わりましたか?
資格を取る前は、資格取得することがゴールだと思っていました部分がありましたが、今では、お客様のご要望や補聴器のフィッティングにゴールはなく、資格取得は一つの通過点であると思うようになりました。
Q3:業務に対する哲学、モットー、接客の心がけなどがありましたら詳しく教えてください。
座右の銘や故事成語など、どんなことでも構いません。

お客様の環境、お耳の状態、要望はひとりひとり異なります。そのお客様にとって最適な調整状態、最適な対応とは何か、常に考えながら取り組んでいます。

接客風景
店舗外観
Q4:資格取得までの期間で何が一番思い出に残りましたか?
技能者試験直前の勉強会ですね。緊張感の中、同時受験する仲間と励まし合いながら切磋琢磨したことは、いい思い出になりました。
Q5:今までに印象に残ったお客様のエピソードについて教えてください。
多くのお客様が頭に浮かんできて、一人を挙げるのは難しいのですが・・・。

入社間もない頃のことですが、初めてご来店された時には、うつむき加減で、同居するご家族との会話も殆どしないと話していた女性のお客様でした。何度か調整をさせていただいた後、とびきりの笑顔で息子様ご夫婦とご来店され、「もっと早く補聴器をつければ良かったね」と顔を見あわせていたことがとても印象的でした。補聴器が家族の絆を呼び戻してくれたのだと感動したのと同時に、補聴器フィッティングの責任の重さを痛感しました。
Q6:あなたにとって、認定補聴器技能者とは?
補聴器に携わる者にとって、登竜門だと思います。
これからも謙虚さを忘れずに日々学ばせていただく気持ちで精進したいと思います。
Q7:補聴器に携わるお仕事をされていて、よかったと思われるのはどんな時ですか?
また、資格取得をめざす後輩へのメッセージをお願いします。
お客様ご本人だけでなく、ご家族のみなさんの笑顔に出会えた時でしょうか。
自分の仕事が少しでもお役に立てたと実感できる瞬間だからです。
また、この資格は補聴器に携わる人にとって必須な資格だと思いますので、ぜひ取得することおすすめします。