リオネット補聴器埼玉県内に18店舗展開中の認定補聴器専門店グループ
文字サイズの変更
配色の変更

彩の国リオネットセンターグループ

ご相談・ご予約・資料請求

認定補聴器技能者 菅野 雅文

認定補聴器技能者(平成21年~23年取得)の他のメニュー
認定補聴器技能者とは、一定の補聴器の販売や調整などに携わる人に対し、(財)テクノエイド協会が、厳しい条件のもと、基準以上の知識や技能を持つことを認定して付与する資格です。 認定補聴器技能者にインタビューを行いましたので、補聴器や聞こえに対する想いをご覧ください。

認定補聴器技能者 菅野 雅文(平成22年資格取得)

Q1:認定補聴器技能者を目指すきっかけとなった出来事や、そのときの思いを教えてください。
補聴器を販売していくには、必ず必要な資格だと思いました。
お客様に「安心」・「満足」して頂くためにも必要だと思いました。
Q2:資格を取る前と今で、接客の仕方や仕事の品質、ご自身の意識はどう変わりましたか?
接客時、お客様の生活環境・家族構成・趣味・ご要望など、見えてない事などをより多くお聞きするように対応しております。
測定だけでは、見えてこない事もありますので・・・
Q3:業務に対する哲学、モットー、接客の心がけなどがありましたら詳しく教えてください。
座右の銘や故事成語など、どんなことでも構いません。
「お客様にわかりやすく」・「丁寧な応対」を日々心掛けております。
販売時には、必ず試聴体験を実施しております。
接客風景
店舗外観
Q4:資格取得までの期間で何が一番思い出に残りましたか?
仕事と並行して、技術・知識取得のために講習会に参加する事で懸命でした。
Q5:今までに印象に残ったお客様のエピソードについて教えてください。
ご購入希望のお客様が4器種ご試聴されたいとご希望され、じっくりお時間を掛けてご試聴され、一番ご自身でご納得の器種をご購入されました。
Q6:あなたにとって、認定補聴器技能者とは?
「知識」・「信頼感」を含めまして、補聴器販売には必ず必要不可欠だと感じております。
Q7:補聴器に携わるお仕事をされていて、よかったと思われるのはどんな時ですか?
また、資格取得をめざす後輩へのメッセージをお願いします。
補聴器を装用した事で、今迄聴こえなかった大切な人の声、生活音などが聴こえて、大変良かったとお喜びの声をお聞きした時です。