リオネット補聴器埼玉県内に18店舗展開中の認定補聴器専門店グループ
文字サイズの変更
配色の変更

彩の国リオネットセンターグループ

ご相談・ご予約・資料請求

認定補聴器技能者 大倉 伸也

認定補聴器技能者(平成11年~15年取得)の他のメニュー
認定補聴器技能者とは、一定の補聴器の販売や調整などに携わる人に対し、(財)テクノエイド協会が、厳しい条件のもと、基準以上の知識や技能を持つことを認定して付与する資格です。 認定補聴器技能者にインタビューを行いましたので、補聴器や聞こえに対する想いをご覧ください。

認定補聴器技能者 大倉 伸也(平成15年資格取得)

Q1:認定補聴器技能者を目指すきっかけとなった出来事や、そのときの思いを教えてください。
目には見えない「音」を扱う仕事に就いたことで、日々の接客の時に 『自分の調整で100%合っていたのか?』 『自分がまだ知らない、もっと良い方法があったのではないか?』 などなど自分の力に疑問に感じたり不安に思うことが少なからずありました。それで、もっと補聴器や難聴の専門的なこと、お客様の生活スタイルなど、いろいろな角度から見てお客様に補聴器をご提案できるようになりたい、と思うようになったのがこの資格を取ろうと決めたきっかけです。
Q2:資格を取る前と今で、接客の仕方や仕事の品質、ご自身の意識はどう変わりましたか?
資格取得後は、それまでと比べて補聴器の機種選択や調整の際に、視野を広くして物事を考えられるようになりました。数ある種類の中から、お客様のご要望に対応できる一番の補聴器はどれなのか?それを決めるにはお客様の生活環境、ご家族構成、ご趣味など、オージオグラムの測定からだけでは見えてこないことも知る必要がありました。機種選択を的確にする大きな要因になりました。
Q3:業務に対する哲学、モットー、接客の心がけなどがありましたら詳しく教えてください。
座右の銘や故事成語など、どんなことでも構いません。
お店においでいただくお客様の大半が、自分よりも年配の方なので、尊敬の念は忘れずに接客をさせていただいています。また、知識が増えると補聴器の専門用語などをそのまま使って説明してしまいそうになるので、身近なものに例えて、わかりやすい言葉でお話しするようにしています。また、お客様のご要望に対して最善策をご提案できるように、その場で解決できないときは宿題にさせていただき、さまざまな選択肢を想定して考えるように心がけています。
接客風景
店舗内観
Q4:資格取得までの5年間、何が一番思い出に残りましたか?
資格を取得するまでの5年間には、講習会や勉強会などで補聴器のことだけではなく法律や耳の構造、耳の病気、関連機器などかなり広い範囲のことを勉強します。正直に言うと『ここまでやらなくてはいけないのか?』と思っていました。実際の業務では毎日使用する知識等ばかりではないのですが、年数を重ねるにつれ、いろいろな事柄が段々つながってきて考えられるようになったのはおもしろく、思い出になりました。
Q5:今までに印象に残ったお客様のエピソードについて教えてください。
たぶん、みなさん同じだとは思いますが、特に初めて自分が対応したお客様が補聴器をお求めいただき、実際にお使いになり、「ありがとう」と言葉をかけていただいたときは、物を販売して御礼を言われるという不思議な職業だと思ったことを覚えています。その後、またご来店いただくごとに表情が明るくなり、「旅行にも行ったんだよ」などの世間話の折に感謝の言葉をいただいたときは、「この仕事を選んでよかった!」と実感します。
Q6:あなたにとって、認定補聴器技能者とは?
認定補聴器技能者は、補聴器に対してのプロフェッショナルだと思います。いかに補聴器に興味を持ち、疑問点に対していろいろな方向から捉え、深く掘り下げて考えることができる人だと思います。
問題点に対して、全く出来ないという答えを出さず、少しでも改善できるように努力する人だとも思います。
Q7:補聴器に携わるお仕事をされていて、よかったと思われるのはどんな時ですか?
また、資格取得をめざす後輩へのメッセージをお願いします。
認定補聴器技能者をめざす方には、知識を増やして、日々の業務で先輩の技をどんどん盗んでいって欲しいと思います。今勉強したことが明日使えるということは少ないですが、今勉強していることは将来の基礎になりますから、しっかりと覚えて欲しいと思います。また、疑問点はどんどん先輩に聞いてください。わからないことは何でも聞けるっていうのは、今のうちですからね。