リオネット補聴器埼玉県内に18店舗展開中の認定補聴器専門店グループ
文字サイズの変更
配色の変更

彩の国リオネットセンターグループ

ご相談・ご予約・資料請求

認定補聴器技能者 神原 一志

認定補聴器技能者(平成11年~15年取得)の他のメニュー
認定補聴器技能者とは、一定の補聴器の販売や調整などに携わる人に対し、(財)テクノエイド協会が、厳しい条件のもと、基準以上の知識や技能を持つことを認定して付与する資格です。 認定補聴器技能者にインタビューを行いましたので、補聴器や聞こえに対する想いをご覧ください。

認定補聴器技能者 神原 一志(平成15年資格取得)

Q1:認定補聴器技能者を目指すきっかけとなった出来事や、そのときの思いを教えてください。
補聴器の販売は、ある程度の経験と知識があればできると思われますが、聞こえでお悩みの方々にご満足いく対応がこれまですべてしっかりとできていたか振り返ってみると、正直なところ100%の自信はなく難聴の方々一人一人にもっと自信と責任感を強く持って補聴器販売は行うべきだという思いから、この「認定補聴器技能者」を目指すきっかけとなりました。
Q2:資格を取る前と今で、接客の仕方や仕事の品質、ご自身の意識はどう変わりましたか?
資格取得後は、自分自身に大きな自信が持てるようになり、それがお客様の使用環境に合った補聴器選びや、より最適なフィッティング(補聴器調整など)を行うことができるようになりました。それと同時に過信することがないよう、大きな責任感も出てきて、より良い聞こえを多くの方に提供できるようになりました。
Q3:業務に対する哲学、モットー、接客の心がけなどがありましたら詳しく教えてください。
座右の銘や故事成語など、どんなことでも構いません。

言い方は少しオーバーになるかもしれませんが、私はいつもあらゆるお客様に対して、出逢った瞬間からこれから先この方と一生より良い聞こえのアドバイザーとしてお付き合いさせてもらいたいという思いを強く持って対応させて頂いております。そのためには一人一人全く違った生活環境でどこまで聞こえにお困りかしっかり把握してより最適な聞こえと大きな喜び、感動をお届けしたいと心掛けています。

接客風景
店舗外観
Q4:資格取得までの期間で何が一番思い出に残りましたか?
普段の業務では学ぶことのない専門的な知識、技術などを5年間ですべて正確に身に付けなければならないという、辛いことも多くありましたが、このことでより一層の自信と責任感を持つことができ、今では辛い思い出というより、多くのお客様に的確な対応が行えてきたという喜び、達成感の方が増してきています。
Q5:今までに印象に残ったお客様のエピソードについて教えてください。
すでに補聴器使用中(他店購入)の方で、購入された店には何度も調整を繰り返していたのですが、よくききとれず、この方の生活環境をじっくりお聞きして対応(調整)したところ、これまでと全く違ったより良い聞こえをお届けすることができて、「雑音ばかりで大切な人との会話がききとれないと諦めていた補聴器が調整の違いでこんなにかわってくるなんて・・・」と大変喜ばれ、この方とはそれ以来10年以上のお付き合いをさせて頂き、これまでに多く(知人など)の方々をご紹介して頂きました。
Q6:あなたにとって、認定補聴器技能者とは?
補聴器販売のプロとなったといってもあくまでもこれはスタート地点であって、最低限の知識、技術が身に付いたレベルであり、大切なのはこれから先の経験や日々の対応をより責任を持って行い、多くの方々にどれだけより良い聞こえと喜び、感動を提供できるかが私達の使命であると考えます。
Q7:補聴器に携わるお仕事をされていて、よかったと思われるのはどんな時ですか?
また、資格取得をめざす後輩へのメッセージをお願いします。
聞こえる喜び、笑顔、感動がお客様と共感できた時の何とも言えない達成感は、本当に心から嬉しく思います。同時にまたこちらからも、これから先ずっと、末永くよろしくお願いしますという思いでいられるのは、この仕事以外にはないのではないかと実感しております。
資格取得を目指す方々には学ぶことがかなり多く、大変辛いこととは思いますが、的確な対応でしっかりご満足して頂き、大きな感動を一人でも多くの方にお届けできるプロの販売員になって欲しいです。